森村学園中等部

23.08.2021
169

それでは、「言語技術」とは、いったいどのようなプログラムなのでしょうか。 「本校の学校説明会で使っているパワーポイントでは、企業や自治体、サッカー協会などが職員や選手の研修に導入している例などをまず紹介します。 本校では、中1から中3まで、週1時間の授業で、3年間で約60本の作文を書いています。課題の提示から始まって、その分析、整理を経て授業の最後は全部作文です。基本はパラグラフを身につけること。トピックセンテンスがあってサポーティングセンテンスがあって、コンクルーディングセンテンスがあると こんにちは、 中受ママサポ です。. サポートいただき、ありがとうございます! 皆様にお寄せいただいたメッセージは今後の「中受ラジオ」番組制作の参考に、そしていただいたご寄付は番組の充実のため(例:中学校等を取材したりゲストをお招きしたりする時の交通費など)に使わせていただきます。 気に入ったらサポート.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか? 気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!. 小澤先生: やはり『言語技術』(Language Arts)です。中等部の3年間は、週1時間、カリキュラムに組み込まれており、世界標準型のコミュニケーションスタイルを習得します。そのスキルに英語をのせて、さまざまな国内・海外研修(多彩な異文化体験プログラム)で活用することにより、グローバルなコミュニケーション能力を養います。.

この10数年、進学校として大学合格実績も順調に伸ばしてきていますが、もともと森村学園には、創立のときから受け継がれる、1学年約名という小規模な、教員と生徒との親密なつながり、家庭的な雰囲気を大切にした、リベラルアーツ的な考え方があったように感じられます。 「学校に流れる空気とか文化だと思いますが、創立時には本当に小さく家庭的な学校で、知識の詰め込み型や一方的通行的な授業ではなかったように思います。 最近のエピソードとしては、今年は東大にも2人の生徒が合格したのですが、その一人は私が高1まで担任をした女子の生徒でした。あるとき『いま中学生は「言語技術」という、こんな授業をしているんだよ』と、授業展開の一つ『再話』の話をしたところ、後になってその生徒が『先生、私それと同じことを毎日の授業と自宅学習でやっていました』と教えてくれました。毎回の授業のキーワードをメモしたノートを見返して、毎日、自宅でそれらの授業を再現していたといいます。できる生徒は教わらなくても、そうした学習の仕方をしているのだなと驚かされると同時に、「再話」というプログラムの効果を再認識できました。 この生徒も、詰め込み型の学習をしてきたタイプではなかったですね」と小澤先生。.

森村学園高等部の卒業式は、例年3月20日です。今春は名が、希望を胸に巣立っていきました。卒業生が入場する場面では、管弦楽部が威風堂々を生演奏。卒業生一人ひとりが校長先生から卒業証書を受け取るなど、すべての式次第が終了し、司会の教頭先生が「卒業生退場」と告げると、今年も卒業生から「ちょっと待った!」という声がかかりました。卒業生が、在校生や保護者の席の方に向き、指揮者や伴奏者が位置につくと、歌を披露。『先生、僕たち私たちをいつも見守ってくれてありがとう』『後輩たち、助けてくれてありがとう』そんな感謝の気持ちを、スピッツの『空も飛べるはず』に乗せて表現したのです。「私が一番感銘を受けたのは、男子生徒の『中学生の頃はささいなことで反抗してしまい、お母さん、ごめんなさい』という言葉。女子生徒の『私たちを産んでくれてありがとう』という言葉でした」(小澤宗夫先生/入試広報部長)。 こうした独自の企画が行われるようになったのは、10年ほど前からだと言います。「式場にいるすべての人に、あたたかい気持ちを伝えて『卒業生退場』となる。それを見た後輩たちが、『次は私たちの番』というように、あたたかい気持ちが引き継がれていく。卒業生が提案したこの伝統が、もっとも本校らしいところだと思う」と話す小澤先生に、森村学園が受験生をもつ家庭から選ばれる理由を伺いました。.

小澤先生: アンケートを取ると、まずは『校風』を気に入ってくださるようです。皆さんが、よくアットホームと言ってくださいますが、それはなれ合いではなく、しっかり叱る先生がいて、見守る先輩がいて、兄弟姉妹のような関係を築いている。それが森村学園に流れている雰囲気だと思っています。 そういうところを感じ取って志望してくださるご家庭が多いということは、お子さんに合う学校かどうかを第一に考えてくださっているご家庭が多いということ。中学受験において、それは非常に大切なことだと思うのでありがたいですね。 学校が好きで、学校生活が安定している子、自分の居場所を作った子が、結果として満足度の高い学校生活を送ることができています。そういう子は学力も伸びて、希望する進路を拓いているので、校風を第一に考えて志望してくださるのはとてもありがたいことです。.

資料請求はこちらから 学校ホームページはこちら 学校データベースはこちら.

Language Arts31.

小澤: たとえば中学1年生の最初の授業は「問答ゲーム」から始まります。花火は好きですか?アイスクリームは好きですか?のような問いに答えていくゲームなのですが、生徒たちはこれらの質問に対して「はい」「いいえ」はすぐ言えますが、ではなぜ?と問われると答えに詰まってしまう。この経験を通じて、自分の意見はすぐに述べられるがその根拠はそもそも考えたことがない、だから言葉にすることができないのだと気づいていきます。. そうなっていくと、世界標準の教育ともいえる「ランゲージアーツ」プログラムの本質に近づいてくるということがいえるのかもしれません。 「そうですね。本校の『言語技術』は、現段階では『ランゲージアーツ』をコンパクトにまとめたものです。本来は授業も2時間続きでないと、早足の授業になってしまうという面はあると思います。これが各教科と有機的に関わりをもつことができれば、それは必然的に『アクティブラーニング』の形に近づいていくのではないかと思います。 実は今年から『21世紀型教育』の研究する委員会を立ち上げています。「言語技術」がひとつの軸であることは間違いありません」と小澤先生。やはり同校でも、「アクティブラーニング」をはじめとした「21世紀型教育」の導入を、すでにしっかりと見据えて検討が進められているようです。. 本校が目指しているのは、創立者の思いを具現化し、『社会に役立つ人をつくる』ことです。心のよりどころとなる創立者の生き様を中1で学び、さまざまな切り口から自分なりの夢の方向性を探って、それをかなえるために必要な学力をつけていきます。並行して、『言語技術』という、グローバルなコミュニケーション能力の下地となるスキルを身につけるとともに、実践の場を国内外に設けて、日本語でも英語でもそのスキルを使うことができるよう磨きをかけます。 森村学園には、社会に役立つ人をつくるノウハウがあり、それを実践していますが、私たちがなによりも大事にしているのは、毎日生活するキャンパスが楽しく、充実感を得られる場であり続けるということです。生徒一人ひとりが満足度の高い学校生活を送ることができるよう、部活動や行事の充実も図っていますので、ぜひ学校に足を運んで、本校の校風を感じ取っていただければと思います。.

東京都森村学園中等部周辺の賃貸物件を探す

HOME 学校特集 森村学園中等部 学校特集 森村学園中等部. 幕末・明治の激動の時代に、貿易を振興し、国を豊かにしなければいけないという使命感から、独力で日本初の民間日米貿易を開始した実業家・森村市左衛門。現在の「TOTO」「ノリタケカンパニーリミテド」「日本ガイシ」「日本特殊陶業」「森村商事」など、森村グループの創業者でもある森村市左衛門は、「人を育てること」の重要性を悟り、慶應義塾大学、早稲田大学、日本女子大学などの教育機関や、北里研究所(医療機関)などに惜しみなく私財を投じました。そして晩年、私邸の一部を開放して幼稚園・小学校を開設したのが森村学園の始まりです。 その創立者・森村市左衛門の人生訓「正直・親切・勤勉」は、創立から周年を迎えた現在も、森村学園の校訓として連綿と受け継がれています。. そうなっていくと、世界標準の教育ともいえる「ランゲージアーツ」プログラムの本質に近づいてくるということがいえるのかもしれません。 「そうですね。本校の『言語技術』は、現段階では『ランゲージアーツ』をコンパクトにまとめたものです。本来は授業も2時間続きでないと、早足の授業になってしまうという面はあると思います。これが各教科と有機的に関わりをもつことができれば、それは必然的に『アクティブラーニング』の形に近づいていくのではないかと思います。 実は今年から『21世紀型教育』の研究する委員会を立ち上げています。「言語技術」がひとつの軸であることは間違いありません」と小澤先生。やはり同校でも、「アクティブラーニング」をはじめとした「21世紀型教育」の導入を、すでにしっかりと見据えて検討が進められているようです。.

小澤: 中学受験をされるお子さんはこの点をご心配されると思うのですが、大丈夫です。初等部からの進学者と中学からの入学者の割合は1:1。中学からのお子さんがドキドキしているのと同じように、初等部からの子たちも期待いっぱいで新しい友達をつくろうとしています。. 小澤先生: やはり『言語技術』(Language Arts)です。中等部の3年間は、週1時間、カリキュラムに組み込まれており、世界標準型のコミュニケーションスタイルを習得します。そのスキルに英語をのせて、さまざまな国内・海外研修(多彩な異文化体験プログラム)で活用することにより、グローバルなコミュニケーション能力を養います。.

サポートいただき、ありがとうございます! 皆様にお寄せいただいたメッセージは今後の「中受ラジオ」番組制作の参考に、そしていただいたご寄付は番組の充実のため(例:中学校等を取材したりゲストをお招きしたりする時の交通費など)に使わせていただきます。 気に入ったらサポート.

  • やはり、創立者・森村市左衛門翁のめざした「グローバル人材の育成」への想いは、現代まで脈々と受け継がれているようです。 「森村学園では、生徒の夢の実現に向けて、進路指導と進学指導を分けて考えています。その第一歩として、中等部1年生が取り組むのは、『創立者・森村市左衛門の研究』です。そして中等部2年生では『職業調べ学習』。中等部3年生では『日本と海外の文化比較・自由課題研究』に取り組んでいきます。これが進路指導です。 次に、その夢の実現のためには、どういう大学の学部・学科で学べばよいのか。その大学に進むための実力をつけるのが進学指導です。それは毎日の授業が軸であることは間違いありません。 いってみれば、進路指導で夢の方向性を探って、進学指導で、しっかりと学ぶ学問を決めて、そこにたどり着くための実力をつけさせる。そのふたつが両輪となって、私たちは生徒たちの夢の途中経過である大学進学を迎えてもらいたいと考えています」と小澤先生。.
  • 中学受験学習相談ラジオ( 中受ラジオ)の「私立中学校紹介コーナー」、第3回目の配信では、森村学園中等部(神奈川県横浜市緑区)・日本女子大学附属中学校(神奈川県川崎市多摩区)の2校をご紹介しました。.

2 2121! 320 10  . TOTO. 4Language Arts!

この中学校のコンテンツ一覧

中でも「言語技術」は森村学園がグローバルなコミュニケーション能力の下地をつくるために導入したプログラムです。 たとえば欧米をはじめとする諸外国の母語教育の授業では、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4技能をバランスよく伸ばすための「ランゲージアーツ(Language Arts)」といわれる指導が行われています。具体的には「物語の再現・要約・創作」、「意見文・小論文」、「テクストや絵画の分析」、「さまざまな説明のスキル」、「対話の技術」などを体系的に学習します。. 小澤: その通りです。1分間メッセージの中で、森村学園の 未来志向型教育 を実践的・具体的に機能させる中心的な役割を担うのが言語技術だと申し上げたかと思います。言語技術を学ぶことで、語学力だけでなく、論理的思考力・批判的思考力・創造的思考力も同時に養われていくのです。.

小澤: ええ、そうです。ですから、世界標準の表現文化を背景に持っていなければ、いくら英語ができるようになってもまったく相手に伝わらないということが起きてしまう。ならばまずは母語で世界標準の表現文化を身につけていこうとの結論に至りました。.

320 10. 1 13113160 4114 IB .

NEWS & TOPICS

資料請求はこちらから 学校ホームページはこちら 学校データベースはこちら. 小澤: 約10年前のことです。多くの私立中学が「グローバル教育」の重要性を語り始めた頃、私たちも、森村学園が目指す グローバル 人財の育成について真剣に議論していました。. 本校が目指しているのは、創立者の思いを具現化し、『社会に役立つ人をつくる』ことです。心のよりどころとなる創立者の生き様を中1で学び、さまざまな切り口から自分なりの夢の方向性を探って、それをかなえるために必要な学力をつけていきます。並行して、『言語技術』という、グローバルなコミュニケーション能力の下地となるスキルを身につけるとともに、実践の場を国内外に設けて、日本語でも英語でもそのスキルを使うことができるよう磨きをかけます。 森村学園には、社会に役立つ人をつくるノウハウがあり、それを実践していますが、私たちがなによりも大事にしているのは、毎日生活するキャンパスが楽しく、充実感を得られる場であり続けるということです。生徒一人ひとりが満足度の高い学校生活を送ることができるよう、部活動や行事の充実も図っていますので、ぜひ学校に足を運んで、本校の校風を感じ取っていただければと思います。.

やはり、創立者・森村市左衛門翁のめざした「グローバル人材の育成」への想いは、現代まで脈々と受け継がれているようです。 「森村学園では、生徒の夢の実現に向けて、進路指導と進学指導を分けて考えています。その第一歩として、中等部1年生が取り組むのは、『創立者・森村市左衛門の研究』です。そして中等部2年生では『職業調べ学習』。中等部3年生では『日本と海外の文化比較・自由課題研究』に取り組んでいきます。これが進路指導です。 次に、その夢の実現のためには、どういう大学の学部・学科で学べばよいのか。その大学に進むための実力をつけるのが進学指導です。それは毎日の授業が軸であることは間違いありません。 いってみれば、進路指導で夢の方向性を探って、進学指導で、しっかりと学ぶ学問を決めて、そこにたどり着くための実力をつけさせる。そのふたつが両輪となって、私たちは生徒たちの夢の途中経過である大学進学を迎えてもらいたいと考えています」と小澤先生。.

幕末・明治の激動の時代に、貿易を振興し、国を豊かにしなければいけないという使命感から、独力で日本初の民間日米貿易を開始した実業家・森村市左衛門。現在の「TOTO」「ノリタケカンパニーリミテド」「日本ガイシ」「日本特殊陶業」「森村商事」など、森村グループの創業者でもある森村市左衛門は、「人を育てること」の重要性を悟り、慶應義塾大学、早稲田大学、日本女子大学などの教育機関や、北里研究所(医療機関)などに惜しみなく私財を投じました。そして晩年、私邸の一部を開放して幼稚園・小学校を開設したのが森村学園の始まりです。 その創立者・森村市左衛門の人生訓「正直・親切・勤勉」は、創立から周年を迎えた現在も、森村学園の校訓として連綿と受け継がれています。.

  • 小澤: はい。たとえば上図の中の「丸本」は、中学の3年間、1年に3冊ずつの本を使って「テクスト分析」を行う授業です。ここにこう書いてある。このページにはこう書いてあり… だからこの人はこのような人物であると考えられる、のように本の中から「証拠」を抜き出し、これに基づいて本の内容を分析していきます。.
  • 三森ゆりか先生は、ご自身が海外で学び、体験したことが、独自の「言語技術」プログラムを組み立てるきっかけになったといいます。いまでこそIBプログラムにもある『ランゲージアーツ』という授業が注目されていますが、その当時はまだそこまで注目されていませんでした。 「そこは三森先生の先見の明だと思います。それを私たちが活用させていただいています。もちろん、そのプログラムの中身がすばらしいから取り入れたのですが、創立者の森村市左衛門の言葉を紐解いていくと、『日本人はたくさんの知識を持ちながらも、それをうまく活用できていない』ということを、いまから年以上前に述べていたのです。、森村市左衛門の言葉を借りると「大常識の欠如」と言っています。そういう創立者の言葉と合致していることを確認したうえで、これからのグローバル時代に求められるプログラムとして、私たちは『言語技術』を導入したわけです」と、小澤先生はその導入の経緯を説明してくれました。.
  • この10数年、進学校として大学合格実績も順調に伸ばしてきていますが、もともと森村学園には、創立のときから受け継がれる、1学年約名という小規模な、教員と生徒との親密なつながり、家庭的な雰囲気を大切にした、リベラルアーツ的な考え方があったように感じられます。 「学校に流れる空気とか文化だと思いますが、創立時には本当に小さく家庭的な学校で、知識の詰め込み型や一方的通行的な授業ではなかったように思います。 最近のエピソードとしては、今年は東大にも2人の生徒が合格したのですが、その一人は私が高1まで担任をした女子の生徒でした。あるとき『いま中学生は「言語技術」という、こんな授業をしているんだよ』と、授業展開の一つ『再話』の話をしたところ、後になってその生徒が『先生、私それと同じことを毎日の授業と自宅学習でやっていました』と教えてくれました。毎回の授業のキーワードをメモしたノートを見返して、毎日、自宅でそれらの授業を再現していたといいます。できる生徒は教わらなくても、そうした学習の仕方をしているのだなと驚かされると同時に、「再話」というプログラムの効果を再認識できました。 この生徒も、詰め込み型の学習をしてきたタイプではなかったですね」と小澤先生。.
  • 小澤先生: やはり『言語技術』(Language Arts)です。中等部の3年間は、週1時間、カリキュラムに組み込まれており、世界標準型のコミュニケーションスタイルを習得します。そのスキルに英語をのせて、さまざまな国内・海外研修(多彩な異文化体験プログラム)で活用することにより、グローバルなコミュニケーション能力を養います。.

4Language Arts. 320 10. 1129. 1 13113160 4114 32.

やはり、創立者・森村市左衛門翁のめざした「グローバル人材の育成」への想いは、現代まで脈々と受け継がれているようです。 「森村学園では、生徒の夢の実現に向けて、進路指導と進学指導を分けて考えています。その第一歩として、中等部1年生が取り組むのは、『創立者・森村市左衛門の研究』です。そして中等部2年生では『職業調べ学習』。中等部3年生では『日本と海外の文化比較・自由課題研究』に取り組んでいきます。これが進路指導です。 次に、その夢の実現のためには、どういう大学の学部・学科で学べばよいのか。その大学に進むための実力をつけるのが進学指導です。それは毎日の授業が軸であることは間違いありません。 いってみれば、進路指導で夢の方向性を探って、進学指導で、しっかりと学ぶ学問を決めて、そこにたどり着くための実力をつけさせる。そのふたつが両輪となって、私たちは生徒たちの夢の途中経過である大学進学を迎えてもらいたいと考えています」と小澤先生。.

小澤: ええ、そうです。ですから、世界標準の表現文化を背景に持っていなければ、いくら英語ができるようになってもまったく相手に伝わらないということが起きてしまう。ならばまずは母語で世界標準の表現文化を身につけていこうとの結論に至りました。. 小澤先生からのメッセージ 入試広報部長 小澤宗夫先生.

2 2121. IB .

  • 子供 林間学校 リュック アディダス
  • 白 ふわふわ 犬 大型
  • ブリーチ コクトー 夢小説
  • えもじや